忍者ブログ

バーデン バイク大好き みんなのブログ

バイク大好きSTAFF達が伝える、福島県の観光・グルメスポットやツーリングレポなど・・・・。
バイク関する情報!日常の出来事などガンガン更新?しています。

カリカリ!カリカリ!


こんにちは!マッシーです。


前回の続き・・・・


 
タンククリーナーを入れる前に、ガソリンコック部の穴を塞ぐため

自作メクラ蓋を製作します。




ガソリンタンクコック穴の部分にコピー用紙を置きボールペンで擦ると、

取付部分が浮き上がって写し出されます。




用紙の上に汎用ステーを置き取付ボルト穴位置を確認!


 
ゴムシートを、汎用ステーと同じサイズにカット


 
一番下にポンチ打ち抜き台

ゴムシート、コピー用紙の順で置いて

最後!取付ボルト穴位置に対しポンチで打ち抜く!


 


 
汎用ステーを取付ればメクラ蓋の完成!




タンククリーナー1リットルを入れ、残りはお湯を入れ約1週間放置

日が経つにつれ、タンク内の水が茶色から黒く変色し、

匂いも段々とサビ臭くなってきました。




ポンプでタンククリーナーをペール缶に移し


 
排出する水が透明になるまで、高圧洗浄機でタンク内を洗浄します。

思っていた程、固形物は出てきませんでした?


 
良く見ると、サビと言うよりはガソリンが腐った固形部が多いです。


タンクの中を覗くと、サビはほとんど取れキレイになっていましたが、

タンク底溶接部分のV字溝の奥に、ガソリンの固形物が貼りついていました。(-_-;)



ファイバースコープの先にテープで針金を固定し




画面で確認しながら固形物を取り除きます。




場所によっては針金の先端が溝に入っていかない為、別の針金を用意し

先端の角度をその都度変えながら作業します。


 
画面を見ながらカリカリ!カリカリ!します。




約1時間位カリカリしてましたが、腐ったガソリンが「水あめ状」に

なっており奥底にへばり付いている為、らちがあきません。


手元にあったスプレー式キャブクリーナーまるまる1本分をタンク内に吹き付け

固形物を溶かす作戦に変更!<(`^´)>





 
数時間漬け置き状態にし、キャブクリーナーを抜くと溶けた固形物の液体が、

大量に出てきました。


期待大!ですヽ(^。^)ノ






ファイバースコープで再度確認すると、・・・・・





まだまだ続く・・・・・ 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR