忍者ブログ

バーデン バイク大好き みんなのブログ

バイク大好きSTAFF達が伝える、福島県の観光・グルメスポットやツーリングレポなど・・・・。
バイク関する情報!日常の出来事などガンガン更新?しています。

ヘイ!油面  ※「ヘイ!メ~ン」のつもり・・・

こんにちは!マッシーです。


つい最近まで「仕事」と「三春藩Cub主総会」の準備等で忙しく

全くバイクに触らない日々が続き


心身ともに「カブって」おりました。(-_-;)





そんな内容をバイク雑誌「モトメンテナンス」田口編集長へ

メールすると・・・・





空ぶかしは木工所で・・・・

私は只今空ぶかし中~(^^)v






(-。-)y-゜゜゜ 「ははぁ~ン!今福島に来ているんだ」と


すぐさまモトメンテフェイスブックを確認!



やはり出来上がった「イゲタ」を引き取りに来ていました。ヽ(^。^)ノ







只今バカ売れ!しております!

バイクブロス プロデュース木製ガレージ道具第1弾商品




タイヤ交換道具「イゲタ」


何とこの商品は、福島で工務店を営んでいるバイク仲間が製作しております。




欲しい~!<(`^´)> 買いたい~<(`^´)>と思った方は下記へアクセス!



バイクブロス「パーツ&用品通販」← (-。-)y-゜゜゜











以前オーバーホールを終えたガンマのキャブの


「油面」調整を行いました。(*^^)v



油面調整だけの為に、製作した木製道具!



 
その名も「ヘイ!油面くん」初期型 

製作費「ありがとう!」と製作者へ一言!のみ








 





こんな感じでキャブを乗せます。





 
道具に取り付けられてますアルミ板でキャブの「センター」出しを行います。





この道具はちゃんと「スズキサービスマニュアル」を元に

アレンジを加え製作しました。




油面を見るのに「30°の角度」が重要!なのです。


 

ガソリン予備タンクホースをキャブに取付、ガソリンを投下 

次にフロートドレンボルトを緩めガソリンを排出



フロートドレンパイプを持ち上げ油面確認




フロート取付面とほぼ同じライン!


これ以上ガソリンが上がると油面が高すぎで、「オーバーフロー」します。







「一発で決まった!」と喜んでいましたが、


よくよくサービスマニュアルを読むと・・・・







キャブ本体に「CORP」と記載している所に


フューエルレベルマークがあり






ここを基準としレベル確認をしなくてはいけませんでした。(-_-;)




 

左キャブは、少し油面が高い感じでしたがとりあえずこれでOK






しかし右キャブはあからさまに低い油面でしたので、フロートを開けて


 



 
油面調整!


 
Aの寸法が重要です。



 

測定すると、油面調整寸法通り・・・・ (-_-;)?? でした。





油面調整せず、もう1度ガソリンを入れ確認すると今度は規定内に


ガソリンが上がってきました。(-_-;)??



ハッキリした原因は解りませんが、オーバーホール後始めて


ガソリンを流したので、各部「馴染んでいない」と勝手に解釈!(-。-)y-゜゜゜



この油面調整を行ったのが4月1日





GW期間は、少しでもバイクをイジらないと、




私が「オーバーフロー」しそうな今日この頃・・・・(-。-)y-゜゜゜

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR