忍者ブログ

バーデン バイク大好き みんなのブログ

バイク大好きSTAFF達が伝える、福島県の観光・グルメスポットやツーリングレポなど・・・・。
バイク関する情報!日常の出来事などガンガン更新?しています。

開いた!ゴマ

こんにちは!マッシーです。


前回の続き


 

全体的に汚れを落し「マザーズ」を綿棒に付け軽めに磨きます。




磨きすぎると「バフ」がかかってしまいピカピカになりすぎてしまう為、

ほどほどで仕上げた方が雰囲気が良いです。



取付面が少し荒れていたので「オイルストーン」で面取り

 
後々ガソリンが漏れきては面倒なので、キッチリとメンテします。





 
残念な事に、ストレーナーのネットが一部破けておりました(-_-;)

このパーツも純正部品としては出ないので何とか直して再利用したいと思います。






タンクキャップの方は、相変わらず開きません。

「もう!壊すしかない!」と思っていた矢先

何気にタンクキャップを固定している周りのボルトを外し

タンクキャップを掴みクルクルと回してみました。



「タンクキャップが外れるわけも無いのに、回してどーなる?」

などと自分に問いかけている私・・・










クルクル、クルクル、クルクル、クルクル・・・・・・・










しゃがみながら、何も考えずただひたすらキャップを回す私・・・・(-_-;)








「ガコッ!」










「えっ?」














「えっーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」\(゜ロ\)









タンクキャップが少し外れました。



もしかしてと思い・・・






コックの穴から針金をガソリンキャップまで届くように差し、

針金に潤滑剤を吹きかければ、自然と伝っていきキャップに確実に届きます。








再びタンクキャップを掴みクルクルと回してみました。

クルクル、クルクル、クルクル、クルクル・・・・・・・



外れません!

「当たり前だ!物理的に絶対!絶対!外れない!」



何故外れないかは、キャップの構造が解っていますので、


この後、絶対に外れる事が無いと理解している私(-_-;)



いや?待てよ!



これをこうして・・・・・


こっちを抑えて・・・・・


いい所を探りながらキャップを回し・・・・・


少し強めに引っ張ったりしたら・・・・・


もしかして・・・・





「ガコッ!」






「おっーーーーーーーーーーーーーーーー!」







やりました!<(`^´)>










奇跡は2度起こりましたヽ(^。^)ノ ※キャップ周りを傷付けないようガムテで養生



少しタンクを持ち上げると、ガソリンコックの取り付け穴から光が入り






光?









ここで話は変わりますが、娘が去年のリベンジを果たしました!




去年は金賞取れず、しかも金賞作品に挟まれているという結果に・・・・



しかし!今年は!



写真中央の作品

書き初め奨励賞!に入賞いたしましたヽ(^。^)ノ

やったね!





私にとってはその時感じた「美しい光」がガソリンコックの穴から入り、

タンク内部を照らしてくれてました(T_T)


やはり想像してた通りサビ・固形物が付着しておりました(T_T)






外れたタンクキャップをひっくり返すと、外れた原因が解りました。

タンクキャップをロックする2つの爪の内、何故か1つが閉じた状態

もう一つはロック状態のままでした。


そして閉じた爪が潤滑剤を吹きかけた事により少し動いたのか?

ロックが外れキャップが浮いた?



これにより後は、


これをこうして・・・・・


こっちを抑えて・・・・・


いい所を探りながらキャップを回し・・・・・


少し強めに引っ張ったりしたら・・・・・

※言葉では上手く説明出来ません(-_-メ)




で!外れました。 いい加減な説明でスミマセンm(__)m






ロック機能の内部をバラシてみました。






かなりドロドロ(-_-;)




潤滑剤を吹きかけ一晩放置!

変形しないように、コツコツとプラハンで叩いてようやく外れました。


 
これでは動くはずありません!




写真中央が鍵のシリンダー

こちらもドロドロ しかもOリングがねじれています。




タンクキャップのパッキンは完全にひび割れを起しており、再利用不可です。

しかもこのパーツも純正品として取れません! 




秘密兵器其の1

ガソリンタンクの内部をより詳しく肉眼で確認する為、「ファイバースコープ」の登場です!




肉眼では確認出来ない場所もこれさえあれば確認出来ます。

ケーブルの先にカメラがあり、しかもLEDライト付き!

手元でライトの明るさ調整や360°画像回転が出来とても便利!


 
解りにくいと思いますが、あれだけ大量に固形物を取り除いたつもりでしたが、

まだまだタンク内にありました。(-_-;)



 
秘密兵器其の2 「高圧洗浄機」

ガレージ近くに住んでいるCEOさんから借りてきました。

その時必要な工具等が無い場合でもすぐに借りに行けるので大変助かります(*^^)v

いつもありがとうございますm(__)m



 
少し大きめのノズルが付いていましたが、ギリギリキャップの口を通りました。


 

想像以上の水圧でビックリ!これは期待できます!

念のためタンクに貼られているステッカーが剥がれないよう

ガムテにて養生しました。


洗浄するとアッという間にコックの穴から汚れた水が出てきました(+o+)


 

洗浄作業を数回繰り返してようやく


 

排出する水が透明になってきました。



 
どうですか‼ 取れた大量のサビ・固形物!


高圧洗浄機の威力はハンパないです。

むしろタンククリーナーでは、絶対取れなかったと思います!



次にようやくタンククリーナーの出番です! 




まだまだ続きます・・・・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

拍手[2回]

PR